よくある誤解|フロントラインプラスで愛するペットの健康を守りましょう!

フロントラインプラスで愛するペットの健康を守りましょう!

 

よくある誤解

一般的にノミの活動期間は暖かくなって寒くなるまでの期間と言われています。
具体的には梅雨前から秋口(5月〜10月)くらいまでです。温度だけでなく湿度も高ければ(75%〜85%)ノミにとっては最高の条件となり、高い繁殖力を発揮していまいます。

ダニの活動期間もノミと近く、春から秋(4月〜11月)は活動が活発になります。
ダニは自然が残る場所であればどこにでも生息している可能性があります。草木の多い林や森、川辺やちょっとした公園などは多くのダニが生息している要注意ポイントです。
そのような場所に行くときは長袖や虫よけを使用するなどしてダニを自宅に持ち帰らないように気をつけましょう。

このことから12月〜3月くらいまではノミ・ダニ対策は必要ないと考える方も少くありません。
でも、寒くなったら私たちは暖をとりますよね。

エアコンやストーブ、電気カーペット、コタツなど使用することで部屋の温度や一部の場所の温度はノミやダニにとって活動しやすい環境になってしまいます。
そのため、冬であってもノミやダニ対策が必要なわけです。冬であっても油断しないようにしましょう。

Copyright(c) 2017 フロントラインプラスで愛するペットの健康を守りましょう!